総説がJACIに掲載されました。

鈴木教授と中井助教の執筆した総説がThe Journal of Allergy and Clinical Immunology(JACI)電子版に3月6日付で掲載されました。今回の総説は、"Immune modulation by neuronal shock waves"というタイトルで、これまでの神経系による免疫制御機構についての知見にもとづいて、迷走神経を電気刺激することによる炎症性疾患の治療法(迷走神経刺激療法)について紹介したものです。JACIは近年急速に引用回数が増加しており(Impact Factor 13.081)、アレルギー領域ではNo.1の雑誌です。この総説は無料で公開されておりますので、是非ご覧ください。

論文

"Immune modulation by neuronal shock waves"