鈴木一博教授が日本睡眠学会で講演しました。

鈴木一博教授が日本睡眠学会・第21回睡眠科学研究講座「つなぐシリーズ第2回 免疫・腸内細菌を学び、睡眠科学へつなぐ」(6月28日、横浜)で講演しました。第42回日本睡眠学会定期学術集会(6月29日~30日、横浜)に先立って開催されたこの講座シリーズは、睡眠科学を専門とする研究者が異分野の、しかし睡眠科学に結びつき得る研究に触れる機会を提供することを趣旨としています。鈴木教授は交感神経による免疫応答の日内変動について講演しました。