鈴木一博准教授が六甲医学研究会で講演しました。

鈴木一博准教授が10月28から29日に淡路夢舞台国際会議場で開催された第3回六甲医学研究会で講演しました。鈴木准教授は交感神経によるリンパ球の動態制御のメカニズムとその免疫応答における役割について講演しました。

医学の様々な分野の研究者から発表があり、普段はあまり耳にすることのない異分野の研究の話を聞くことができ、非常に楽しめました。