研究内容が日経産業新聞で紹介されました。

日経産業新聞(2015年8月26日)の記事「解剖 先端拠点」で、大阪大学免疫学フロンティア研究センターが取り上げられました。審良静男先生、荒瀬尚先生の研究と共に、私達のアドレナリン受容体によるリンパ球の動態制御の研究が紹介されています。