鈴木一博准教授が執筆した総説が「領域融合レビュー」に掲載されました。

鈴木一博准教授が執筆した日本語総説「交感神経系による免疫細胞の動態の制御」が「ライフサイエンス 領域融合レビュー」のウェブサイトで公開されました。私達の研究から明らかになった交感神経系によるリンパ球動態の制御機構を含め、神経系による免疫制御の研究の歴史から最新の知見に至るまで幅広く解説されています。

「領域融合レビュー」の編集方針によって、元の原稿から改変されてしまった箇所が多く、私としては必ずしも納得のいく文章ではないのですが、神経系による免疫制御機構に関する研究の現況を知ることができると思いますので、どうぞご一読ください(鈴木)。

本文はこちら